笑点のデータ放送はある落語家には厳しすぎる

昨年桂歌丸師匠が司会者を勇退され春風亭昇太師匠が司会者になり二代目林家三平師匠が新メンバーとして加入しましたが笑点のデータ放送で座布団をあげたり取ったりすることができるようになりました。今までは座布団をあげたり取ったりするのは司会者だけしかできない言わば司会者特権だったのですが視聴者も座布団をあげたり取ったりする事ができるようになったのは嬉しいです。
しかしこのデータ放送はある落語家には非常に厳しいという事です。それは新メンバーとして加入された二代目林家三平師匠です。座布団の枚数が他の師匠に比べて少なすぎるんです。はっきり言ってしまえば面白い解答が少ないという事です。先代円楽師匠が司会者の時に好楽師匠に対して解答が面白くないと言われて降板の危機があったのですが今回はリアルな視聴者の意見なのでそれよりも厳しいです。何と言っても視聴者のリアル意見ですから。
三平師匠だけ座布団の枚数が0枚になる瞬間が多いんです。これは新メンバーになった三平師匠にもっと頑張ってもらいたいスタッフが考えた叱咤激励の手段だと思います。二代目林家三平師匠しばらく厳しい意見が続くと思いますが先代三平師匠を超える落語家になって欲しいです。たまに歌丸師匠が出てきて欲しいです。歌丸師匠が勇退されてから円楽師匠から毒が抜けてインテリジェンスが強いキャラになってしまいましたからちょっと寂しいですね。歌丸師匠がいた時は円楽師匠との罵倒合戦があったんですが今はすっかりなくなってしまいましたから。三平師匠があまり面白くない状況が続くようでしたらピンチヒッターで歌丸師匠が解答者として復帰したら面白いと思います。http://xn--cckh4bnlc2ewb7n1a.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です